<   2008年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

遠征中に連絡貰ってて、帰国後に送金したんですが、「昨日届いたよ~ん。直ぐ発送するね~」とギリシャの77 rock recordsのオ-ナ-さんから連絡がきました。
ここのレ-ベルはつい最近できたみたいで、まだ1つのバンドとしか契約してないんですね。
で、何故か判りませんが、契約したのはマケドニア(旧ユ-ゴ)出身のバンドと言う一風変わった経緯が面白いなぁと。
あ、勿論最初にそのバンドの音を気に入ったのが一番の理由ですよ。
で、そのバンドから先日「PV作ったからチェックしてみて」と連絡がきたので見てみましたがカッコいいですねぇ。
が、低音グロウル担当(短髪)の子の動きが・・・・か、硬い。カッチカチです(笑) 
ずっと気になって何回も見てしまいました。でもイイ曲なのは間違いないので気になった方は(彼の硬い動きも含めて)チェックしてみて下さい。


[PR]
by supernova46 | 2008-05-28 19:13 | about bands
久しく連絡を取ってなかったリトアニアのOBTESTが、つい先日、新作「Gyvydes Medis」をリリ-スしてました(まだだっけ?)
しかも、新作発表の前に、仏Osmose productionsとも契約決まった(ディストロ契約?判らんけど、祝!!)のと、リトアニアのLedo Takas recordsでも扱ってるんで、どっちで買ったらいいのか判らない&今作は、限定でA5サイズの本みたいなケ-スのバ-ジョンと通常盤と2種類で出してるので、「新作って、もう買えるの?どっちで買うべきか?」と質問してみました。

で、Sadlave(Gt)から返事があったんですが、
「勿論さ、Samuraiシロウ! Osmoseから買えるよ。でも、もし良かったら、ナイスな本場の緑茶と交換してくれないかい?(え?) オレ、日本茶が超好きなんだよね。」って摩訶不思議な返事が返ってきました(笑)
いやいやいや、勿論OKっすよ。でも、流石にお茶だけじゃ気分が盛り上がらんだろうから、急須と湯のみもセットで送る予定ですよ。
しかし、相変わらず、熱いメ-ルをくれるヤツだなぁ。


追記:で、翌日Sadlaveに「前回貰い損ねたフライヤ-とか持ってるなら一緒に送ってくれんかね?」と連絡しましたが、「ゴメン。もう送っちゃったよ~、次は絶対送るからその時でイイ?Rising sun!(出たっ! 笑)」と返事がきました。
彼等の音楽同様、発送のスピ-ドも疾走してます(笑)
っちゅうかメッチャ良い人過ぎ!(感謝)
[PR]
by supernova46 | 2008-05-27 02:12 | about bands
夏の風物詩とも言える全米最大のメタルフェスOzzfestですが、今年はテキサス州ダラスでの1日のみの公演になってしまいましたね。
ここ数年、規模の大小問わず世界中で結構な数のメタルフェスが乱立(勿論、観る側には歓迎すべき事です)してきたのもあって、動員数が減少したんかなぁ。
一昨年のMaidenとの固執問題以降、評判がガタっと落ちてきてるのか?とか、何故に開催地がTXなのか?
Dimebagの名前を利用して支持を得ようとしてるのか?等々、下衆な勘ぐりをしたくなりますね。

で、今年の出演バンドですが、
-Main Stage-
Ozzy
METALLICA
Serji Tankian(SOAD)
HELLYEAH
KORN
Cavalera Conspiracy
Shadows Fall
Apocaryptica
In This Morment

-2nd Stage-
Seven Dust
Devil Driver
Kingdom of Sorrow
Soilent Green
Witchcraft
Goatwhore

-Texas Stage-
The Sward
Drowning Pool
Rigor Mortis
The Destro
Within Chaos

相変わらず、豪華な面子ですが結構バラエティに富んでますね。

う~ん。しかし、来年以降はどうなるんでしょうねぇ。
[PR]
by supernova46 | 2008-05-24 17:19 | Live
先日、海外遠征中に連絡してたんですが、結局お互いのタイミングが合わずに会うことができなかった、LAのシンフォブラックバンドSOTHIS
が英Candlelight recordsとアルバム複数枚の契約を交わしたそうです(祝)
メンバ-のDrossと連絡取り合ってた時、既に契約の話は詰めの段階だったんだろうとは思いますが、やっぱ大事なビジネスの話なんで、キッチリ話が決まるまでは外部には漏れないようにしとかないとね。うん。
で、既に自主制作で完成してる1stフルアルバム「De Oppresso Liber」は今年の夏か初秋頃にリリ-ス予定だとか。それに伴う全米、欧州ツア-も計画してるそうですよ。楽しみですねぇ。
それにしても良かった良かった♪






で、かなり前に「オメデトウゴザイマス。当選シマシタ。」とスウェ-デンのThis Ending
からメ-ルが来てたんですがすっかり忘れてました(笑) 抽選でグッズをプレゼントとか言う内容だったんですが、当たるわけないやろと冗談半分で応募してたのでマジで荷物が届いてきてビックリ。
Tシャツ、ニットキャップ、全員のサイン入りCDが入ってました♪ 
a0073201_10572933.jpg

このバンド、Amon AmarthのFredrik Anderssonを擁するちょっぴりモダンな風味のあるデスメタルバンドなんですがかなりイイですよ。
「最近はスタジオに入って、新作のレコ-ディングをボチボチやってるよ」との事。
タダでCD貰っといてナンですが(汗)、新作出たら買いますよ。勿論マ-チャンダイズも一緒に。
[PR]
by supernova46 | 2008-05-19 11:03 | dialy
ライブ翌日は流石に体調が優れず、一日中ホテルで寝てました。
とりあえず、昼過ぎに近所のス-パ-に行って、食料を買ってきたりとか位かなぁ。

で、金曜の夜はAちゃんとAちゃんのル-ムメイトのTannaちゃんと御飯を食べに行って、オ-ルドパサディナをブラブラしつつ途中カフェに入ってまったりとしました。
しかしネイティブの人と話すのって緊張するわい。ちゅうか、自分が英語で話してるのを聞かれるのがイヤなんで皆がいる時は殆ど喋ってませんが。
Aちゃん家に戻って、しばし談笑して帰宅。



で、翌日は週末だったんで(こっちはサ-ビス業とか、大手の会社勤務の人達以外は大抵休みみたい)、前日に引き続き、友人のAちゃんと3人でサンタモニカへ行ってみることに。
あ、その前に今回も行きたかったCD屋さんへ連れて行ってもらいました。


多分1人で行ってたら3時間は普通にいるんですが、あまり待たせるのも申し訳ないので小1時間位で切り上げ。

それからサンタモニカへ向かう為にフリ-ウェイに乗るも激混み。こんなに混んでるの初めて見ました。で、予定を変更してマンハッタンビ-チへ向かう事に。
途中で昼食を食べて現地へ到着。うひょ-凄ぇ!これぞLAと言った雰囲気です。


ちゅうか、ココら辺に住んでる人ってマジでいるんかな?って感じがする位、生活感がしないんですけどぉ。別荘とかそんな感じですかね。



で、1時間程ブラブラしてサンタモニカへ向かいました。実に10年ぶり位にサンタモニカへ行きましたが、相変わらずメイン通りのテナントの入れ替わりが激しいすっねぇ。
通り沿いでは、「私、歌が好きなの。みんな聴いて!」みたいな女の子が歌ってたり、ヘンテコなパントマイムを披露する銀色のオッサンとか、エレキGtを弾く少年とか(上手い)、延々と空間系の音でGtソロ(ヘタクソ)らしきモノを弾いてるオヤジとかいて訳判りません(笑)



その後ホテルに戻って、今回の旅の目的の一つでもある、ELFIONのDave先輩にやっと会うことができました。去年頃からマイスペ始めて偶然知り合って、チャットとかメ-ルとかでしょっちゅう連絡してたんで、初対面にも関わらず全然初めて会う感じがしませんでした。
彼はアナハイム周辺に住んでて、こっちまで来るのに1時間位掛かるんですが、わざわざ来てくれました(感謝)
で、挨拶もそこそこに、自分が勝手に製作したELFIONのロゴ入りTシャツをプレゼント。
当然、彼は喜んでくれてましたが、「マイスペにTシャツの画像を載せたら早速、買いたいと言う人が沢山メッセ-ジくれたんだ」と言ってました。
で、お礼に急遽作ってきてくれてたELFIONのデモを頂きました(嬉) 
そして何故か彼の勤めてる会社のロゴ入り目覚まし時計も。ってソレ、会社の備品やん!(笑) 
まぁいいや。
とっても喜んでくれたのはイイんですが、彼の弟(バンドのBa担当でもある)のMikeに電話して、「おいMike、今シロウサンと会ってるんだけど、Tシャツ作ってくれたよ。お前も何か話してみろよ」と言って携帯を渡されてMikeと少し話しましたが、流石に土曜の夜だったんで、Mikeは既に飲んでてへべれけ状態。
有難う!とか言ってたのは判りましたが、後はろれつが回ってなくて聞き取れませんでした(笑)
その後は去年の10月にサポ-トしたFINNTROLLや先月、急遽サポ-トを勤めたTESTAMENTとの思い出話、昔、彼が海軍で沖縄とか横須賀のベ-スにいた事や在日中に関東でX-Japanの故Hideに会った事とか色んな話ができました。
そんなこんなで、あっと言う間に1時間位話し込んでしまいました。
彼の住んでるとこが遠いので、再会を誓って散会。
旅の最終日にイイ出会いができて良かった良かった。

ホテルに戻ってメ-ルチェックすると、SOTHISのDrossからメッセ-ジが。
「電話出れんくてゴメンね。今日の夜、リハ-サルするけど見に来る?俺は腕を火傷しちゃってるんで、あんまり良いプレイはできんけど・・・」って、もう夜の10時なんすけど・・・残念!
是非、見学したかったんですが既に練習終わってるだろうと思い、「次回LAに行った時に絶対会おう!」と返事しときました。
[PR]
by supernova46 | 2008-05-18 18:01 | dialy
TURISAS終了後、自分だけハングアウトするのはもったいないと思って、「ヨメと友達も来てるから一緒に写真撮らない?」とSUIDAKRAのMercusに言ってたので、Tシャツ売り場で待ち合わせ。
全員集合して記念撮影&ハングアウト♪ ヨメはLars(Ds)と記念写真を撮って御満悦。
何故かメンバ-皆口癖の様に「ブル-ス・リ-スタイルで写真撮ろう!」と言ってましたが意味分かりません。東洋人→武道→ブル-ス・リ-と言った脳内イメ-ジなんでしょうか?
オモロい気さくな兄ちゃん達です♪
そんなこんなで、ヨメのお友達のマイミクさんも喜んでくれたみたいで良かったです。
会場で売ってた彼等のベスト盤(CD+ライブDVD)にもサインを頂きました。
Mercus曰く、「ホントに来てくれるなんてマジで嬉しいし、いつか分からんけど日本にも必ず行きたい」と言ってましたね。
その後、再会を誓ってお別れして再度ステ-ジへ向かう事にする。


トリのENSIFERUM登場。
a0073201_1626311.jpg

1曲目は「Iron」でスタ-ト。早くもモッシュピットができる位の盛り上がり。
音も演奏も上手いですねぇ。Petri(Vo/Gt)を始め、皆、長身で色白のイケメン揃い。
女性ファンとか多そうな感じですね。
その後も、「One More Magic Portion」とか「Lai Lai Hei」とか織り交ぜつつ終盤に差し掛かる。
ずっと観てたかったけど、風邪引いてたのと、腰痛が酷くなったんで、離れたトコで座って観てました。
「次でラストだ-!」とMCすると、
BOOooooooooo!!!!!と客、大ブ-イング。
「いや、多分違うと思ーう!」←オイオイ!
YEEEAAAHHHHhhhhhh!!!!!
と言うやり取りが最後は何回もあってグダグダに(爆)、結局アンコ-ル3、4曲やって大盛り上がりまくりで終了。
a0073201_16171691.jpg

お陰で終了時間は午前1時を回ってしまいましたが、非常に充実した夢のような時間を堪能することができたので良しとしましょう。

で、会場から出て預けてたデジカメを受け取って、友人のA&Rちゃん達に迎えにきてくれるので表側(ほったて小屋側 笑)に移動。
普通にビラ配りの兄ちゃんかと思ったらTYRのHeriがフライヤ-配ってたりしてビックリ!
話し掛けたかったけど、先客がいて話できませんでした。
とか思ってたら、ELVEITIEの野人ツインズ、Sevan&Rafiがドスドスと通過してたので、呼び止めてみました。
でも、立ち止まったのはSevanだけで、やっぱりRafiはやっぱり直線的にドスドスと歩いて行ってしまいました(笑)
自分の顔をみるなり、「あっ!キミはマイスペで連絡くれた人よね?」なんて言いながら、ガッチリと握手。覚えててくれたなんて驚き。
「マイスペの写真みたいに彼女を抱えて写真撮れる?」とリクエストして写真撮ったりしましたよ♪
「笛吹きながらヘドバンする人間とか始めて見た!」と言ったら大層喜んでました(笑)
Sevan曰く、「日本にも行きたいけど、どうだろうねぇ。聞いた話じゃ500か600枚位売れたとか言う話だけど・・・・。あっ、キミが日本に呼んでくれよ。」って面白い事言うなぁ。

その後はELUVEITIEのChrigelにも会う事ができて、少し話したり、写真撮ったりしました。
ロックスタ-的な雰囲気のある人でした。しかし見ちゃイカンと思いつつも視線が行ってしまうあのドレッドヘア。「漢の心意気」を感じました。あ、目バリもバッチリと入ったままでした(笑)

個人的にはフィンランドの2バンドのメンバ-に会って、約半年勉強したフィンランド語で話すってのも目標の1つだったんですが、結局、待ってる時間内にはメンバ-が現れず断念(泣)

で、お迎えが来たので、後ろ髪引かれつつも会場を後に。
平日で深夜のこんな時間にも関わらず来てくれたA&Rちゃんには大感謝です。
しかし、この面子で$20は安過ぎですね。日本じゃありえんです。




早くも来年は何処に行こうかななんてボンヤリと考えてみたり・・・・(アホ)
[PR]
by supernova46 | 2008-05-18 16:28 | Live
ステ-ジの方へ目をやると、TYRの面々が既に全員上半身裸で登場。
Gunnar H(Ba)はかなり恰幅の良いお腹の出具合。
a0073201_17404359.jpg

そんな事は置いといて、彼は終始指弾きなんですがプレイは上手いし、コ-ラス(と言うか合唱)でもエエ声で歌っててカッコ良かったですねぇ。
男前のフロントマン、Heri(Vo&Gt)も貫禄と言うか何とも言えない独特の雰囲気を出してましたね。メンバ-全員で客を煽ったりして頑張ってました。
a0073201_17454826.jpg

大好きな「Wings of Time」も聴けたし大満足。
他のバンドと比べて、若干激し目な曲が少な目で、どっちかと言うとプログレッシブな雰囲気の演奏を聴かせるバンドなんで、実際どうなんかな?とか心配でしたが取り越し苦労でした。
皆、歌詞を大合唱しまくってて凄い盛り上がってました。
このバンドの時だけ、ゆったりとしたヘドバンをオ-ディエンス全員がしてました。
最後は「Hail to the Hammer」でシメ。メタ-ル!




またまた一服しに外へ行こうと動いてたら、ELUVEITIEのRafi発見。
「最高やったね!」と声掛けたら、「What's up man?Thanks!」と言いながらドスドスと歩いて行ってしまいました。
なんか、動きが直線的な人だなぁ(笑)
で、またまたMarcusがウロウロしてたんで(と言うか手持ち無沙汰な感あり 笑)、さっきの話の続きとか「日独お互いのメタルシ-ンについて」とか色々な話ができました。





で、トリ前のTURISAS登場。
a0073201_180492.jpg

「To Holmgard and Beyond」でスタ-ト。皆で大合唱!ヤバイ、ヤバ過ぎる!
Nettaちゃん(アコ-ディオン)が自分のパ-トが始まるまでの間、かなり緊張した面持ちで構えるも、
客の盛り上がりっぷりに、にこやかな笑顔。
初々しい感じが何か見ていて微笑ましかったっす(ワシャ保護者か!)
しかしながら、その実力は折り紙つきな訳で、「In The Court of Jarisleif」での弾き倒しっぷりにはただただ圧倒されました。
a0073201_1816155.jpg

そして、この曲でモッシュピットができました。アコ-ディオンとモッシュ、合うんだか合わないんだかよく分かりませんが意外と新鮮でした(笑)
WARLORD(Vo)のパフォ-マンスや曲間でのMCも余裕綽々と言った感じでした。
個人的にはOlliのヴァイオリンソロに期待してましたが、今回はありませんでした。
まぁ、フルセットじゃないんでしょうがないですが、いつか必ず見てみたいと思います。
それにしても楽し過ぎる!


続く。
[PR]
by supernova46 | 2008-05-17 18:26 | Live
会場内に入ると、外見とは180度違って、老舗のライブハウスといった趣。
やっぱこうじゃなくちゃイカンよねと心の中で納得しつつ、Tシャツ売り場に並ぶ。
ここでヨメのマイミクさんが声を掛けてきて無事合流。
男の子で、しかも1人で参戦って素晴らしいじゃないですか!もっとこういう行動的な日本人のメタラ-さん達が増えたらイイなぁ(切望)
とりあえず、全バンド分買うぞ位の勢いで並んだんですが・・・・・TYRは早くも品切れでレディ-スサイズのみ。
TURISASに至っては、ビミョ-なデザインに萎えて購入見送り。ははは。
結局、FesのTシャツとENSIFERUMのTシャツを購入。

a0073201_224632.jpg

(売り場にいた見た目がおっかないオジさんにちゃんと許可取って写してみました。
Tシャツが$30、フ-ディ$50、CD$20って価格帯でした。)


平日にも関わらず、会場は7、8割方埋まってて程よい混み具合。
で、珍しく定刻通りに開始。
一番手はSUIDAKRA。ヤベ~、メチャメチャかっこイイし。早くもモッシュ大会。
が、サポ-トアクトなんで、あっと言う間に5曲で終了。「Blackend Shield」が聴きたかったんですが今回はナシ(残念)
でも、音も演奏も良かったですよ。
興奮しすぎて写メ撮るの忘れてしまいました(泣笑)
あ、SUIDAKRAマネ-ジャ-のオバさんがハンディカムでバンドの演奏を撮ってたら、セキュリティの人に止められてました(笑)
そこまで厳しくせんでも・・・・・・。



で、お次はELUVEITIE。
a0073201_23475241.jpg

遂に生でハ-ディガ-ディが見れると思うとワクワク。やっぱりクルクルしてました。不思議な楽器だ。
「Inis Mona」でスタ-ト。カッコえぇ!ってか、Gt×2、ハ-ディガ-ディ、ヴァイオリン、笛×2、Baのフロントマンが7人並んだ姿は圧巻でしたね。
a0073201_2355965.jpg

Sevan&RafiのKirder兄弟のキャラが濃過ぎ!
Sevanに至っては笛吹きながらヘドバンですよ。インパクト大です。
Meri(ヴァイオリン)とAnna(ハ-ディガ-ディ)の2人も演奏中は可愛らしい微笑みを浮かべてるんですが、楽器弾いてない時の鬼の様な激しいウインドミルが強烈でした。
Chrigel(Vo、笛、マンドリン)もキャラも濃いですね。髪は・・・(以下略)
しかし、この5人のキャラが濃すぎて両サイドのGt×2人(ビ-チクにピアスしてたり、タトゥがバリバリ入ってる)が普通に見えてしまいました。
大好きな「Your Gaulish War」が始まったら、もう、涙ジョバ-ですよ。
感極まって涙流しながらヘドバンしてたのは内緒です(笑)
そんなこんなで彼等も5,6曲で終了。もっと見たい!


セットチェンジの間に、一服する為、一旦外へ。
やっぱりメタル好きが集まるとお互いの着てるTシャツをチラチラとチェックしてますね(笑)
流石に、オイラのTシャツと同じの着てる人はいなかったせいか、「そのTシャツイイなぁ。欲しいなぁ。」とか「オ-サム!オ-サム!」と連呼されました。

あ、再入場時もセキュリティチェックが厳しいかったですねぇ。ダイムバッグの事件なんかがあったからなんでしょうか。
無事パスして、入ろうとすると、Arkadiusとバッタリ再会(驚)
「何してんの?カメラ持ってるなら写真撮ろうよ!」と気さくに声掛けてくれましたが、「今、預けてて、多分また預けたら5ドル取られるから・・・」と言って躊躇してたら、「Ok、じゃあ、俺たちのカメラで中で一緒に撮ろう!」と誘ってくれました。イイ人だ。
で、Tシャツ売り場付近でハングアウト。
程なくしてMercas(Ba)も合流。自分の事を(名前も!)覚えてくれててマジ大感激。
ホントイイ人達だ。このフェスの前に参加してたChicago Power Fesの話とか、そのフェスのヘッドライナ-TESTAMENTの話とか色々貴重なお話ができました♪
とりあえず、次のTYRが始まるので一旦お別れして、ステ-ジ方向へ向かう事にする。


続く。
[PR]
by supernova46 | 2008-05-16 23:55 | Live
ライブ当日のこの日は、昼過ぎにRちゃんと合流後、一旦ホテルまで戻って着替えてから再びRちゃんの車でRちゃん家に向かい、Rちゃんの彼氏がバイトに行く途中で自分達を会場前で降ろしてくれると言う事になりました(えぇ~!?)
で、その彼なんですが非常に口数が少なく大人しい子なので、

彼:「あ、ココはオレの地元の高校なんだ」
ヨメ&オレ:「へぇ~。そうなん?地元ってこの辺なん?実家も?」
彼:「うん」
・・・・・・・・・・・・シ-ン・・・・・・・・・・・

5分後、
彼:「ココが何々通りよ。この交差点を左折して行ったら会場だよ」
オレ:「あ~、〇〇ストリ-トね。」
彼:「うん」
・・・・・・・・・・・シ-ン・・・・・・・・・・・・

と言った感じで道中の車内での会話が当然盛り上がる訳は無く(笑)、淡々と時間が過ぎて行きました。

で、時間が夕方6時半頃で結構な混み具合なのもあって、会場に到着したのが7時ちょい過ぎた所。
こ、これがかの有名なHouse of Bluesか~と感慨深げに近寄ってみると・・・・


ボロっ&古っ!
壁とかトタンですよ。ヨメと何度見したことか。

とりあえず、どっから中に入るんかねぇとか話しながら、このボロい外観をボンヤリみてたら、何やら熱い視線を感じる・・・・ん?
おぉぉ! SUIDAKRAのArkadius(Vo/Gt)とLars(Ds)やん!
そう、この日のオイラはSUIDAKRA Tシャツで参戦してたのだ。
お互いに軽く手を振って挨拶してたりしたら、何かハンディカムを持参しつつコッチまで出てきちゃったよオイ。
まずはガッチリと握手。で、しれーっとインタビュー形式で話し掛けて来た。
Arkadius「ヘイ、ユ-はどっから来たんだい?(ニヤニヤしながら←マイスペで連絡しとったけん知っとるやろ?)
オレ「福岡、ジャパンよ」(乗っかる自分もどうかと思いつつ)
A(驚いた様子で)「ココまでどれ位の距離なの?」
オレ「う~ん、飛行機で9時間とか12時間位やね。」
などなど、ひとしきり話した後、何故か、
A「何か武道はやるの?空手とか?黒帯とか持ってるの?」
と聞かれたので、
「いや、俺が持ってるのはこのAmon Amarthのブラックベルトだけよ」
とオヤジギャグで返しときました(笑) 彼も大層喜んでおりました。
何か、「この模様をYoutubeにアップするから」とか言ってました。ヤメといてくれ(爆)
ショウの後にまたハングアウトしようと言ってくれたんで、再会を約束して一旦散会。



で、会場横のWill Call窓口へ・・・・・・・
今回初めてのWill Callなんで、オ-ダ-内容をプリントアウトして持ってきたのに、チラリとも見やしねぇ。
軽くショック。それどころか「クレジットカ-ド出して」「早く出して」ときたもんだ。
何て国だ!
ま、とりあえず無事にチケットをゲットできたので良しとするか。
で、入場前にセキュリティチェックが・・・・・・・・・き、厳しい!
デジカメが×だったんで、離れの小屋で預かってもらうことになったはイイけど、5ドルも取りやがる。イマイチ信用できんけど預けるしか手段がないので預けて、いざ会場内へ・・・・・・
キャ―とかヨメが叫びつつ小走りで入って行く・・・ってアンタノリノリやんか(笑)
[PR]
by supernova46 | 2008-05-15 01:17 | Live
今日は、友人のRちゃんが仕事だったんで、友人Aちゃんにサンタモニカへ連れて行っていただきました。
日々の仕事がタフなのに毎回、嫌な顔せずに気さくに接してくれる彼女達にはホントに感謝してます。しかし、フリーウェイが激込みだったんで、マンハッタンビーチに変更。
思い切り目の前に広がる海が素晴らしい場所でした♪
流石にこのロケーションだと家賃もバリ高いそうで、軽く$1000オーバーは当たり前だそうで(驚)
その後、サンタモニカへ移動してメイン通りの3rd stプロムナードをブラブラしつつ、アメリカンイーグル(マジでベタな店名過ぎ)で家族への土産やらを購入して帰宅。

で、計画の一つでもあったELFIONのDaveさんとやっと初の御対面と相成りました。
会うまでにあまりにも緊張してゲボが出そうでしたが、頑張ってなんとかお話できました♪
旅の締めくくりに相応しい出会いに感謝です。
なんやかんやで、メタル絡みの遠征では毎年内容が濃くなってきてて凄いなぁと今更ながら実感しております。

詳細は後日って事で。

ではでは。
[PR]
by supernova46 | 2008-05-11 14:16 | dialy
スペルボーン(Spellborn)